交通事故で損害賠償を請求する時の成功例と失敗例

交通事故の損害賠償を請求するのは、交通事故で負った怪我の治療が完治したのであれ、後遺症が残ったのであれ症状が変わらない状態になった時点で示談が始まりますが、この示談交渉の場で行われることになります。示談交渉の場で被害者が交通事故の損害賠償を請求すると、加害者が加入する保険会社のスタッフが示談金として具体的な金額を提示してきます。良く考えずに、その提示された金額を了承し示談が合意したものとして済ませてしまうのが、典型的な失敗例であるといえます。加害者側が最初に提示する金額は、被害者の実質的に被った損害に見合っていない金額であることがほとんどだからです。弁護士など法律の専門家に相談することによって、交通事故の損害賠償の請求を成功に導くことが出来ます。

被った損害に見合っていない損害賠償金とは

交通事故の損害賠償金が、被害者が被った損害に見合っていない金額になったり、見合った金額になったりするのは、交通事故で負った怪我により、入院や通院を強いられたり、後遺症に悩まされたりすることに対する精神的な苦痛をお金に換算した慰謝料が損害の解釈の仕方によって金額に大幅な差が生じるためです。最低限の損害賠償金の金額は被害者の最低限の補償を確保するために自動車損害賠償保障法によって定められているのですが、皮肉にもこの最低限の金額に近い金額を加害者側から提示されて、そのまま了承されているのが実態です。ですので、加害者側が提示する損害賠償の金額はギリギリ合法の金額を示しているのに過ぎず、そのまま鵜呑みにすると後悔することになるという失敗例になってしまう訳です。

交通事故の損害賠償を成功に導くには

被害者は、加害者側がギリギリ合法の金額を提示しているかどうかは、よっぽど慰謝料についての予備知識がないと判定することが出来ません。しかし、交通事故の示談交渉の実績がある弁護士に相談すれば、すぐに判定することが出来ます。また、弁護士は過去に裁判で決められた様々な交通事故の損害賠償金の金額の判例を知っているので、被害者が被った被害に見合った損害賠償金の金額を提示することができるようになります。加害者側がすんなり弁護士が提示した金額に応じない可能性も考えられますので、示談の交渉自体を弁護士に任せてしまうために、被害者の代理人になってもらうのが、交通事故の損害賠償の請求の成功例であるといえます。そうすると、被害者も交通事故の怪我の治療の直後の示談交渉に煩わされることもなくなります。