交通事故で損害賠償を請求する方法を解説

交通事故に遭って被害者になったときには、加害者か加害者が契約している自動車保険会社に対して、慰謝料や治療費などの損害賠償を請求ことができます。損害賠償金を請求する方法として大切なのは、加害者は自賠責保険に加入していることを示す証書や任意で自動車保険会社と契約しているかどうかを確認することです。交通事故について解説すると人身事故と物損事故に分けることが出来ます。人身事故は、人命や身体に被害が発生した交通事故のことを指します。物損事故との差について解説すると、自賠責保険によって補償が最低限確保されるということです。物損事故は、自賠責保険による補償がありません。物損事故は、車両や積載物の被害が発生する交通事故のことを指します。自動車の車両やオートバイ、自転車などや建物の修理費は損害賠償を請求できますが慰謝料などは請求できません。

交通事故の損害賠償の交渉について

交通事故で、加害者の方は加入している自動車保険会社が交渉の窓口になってくれるのですが、被害者の方は自分自身で交渉にあたる必要があります。交通事故の損害賠償について自動車保険会社のスタッフと素人では対等な話し合いが出来ないため、慰謝料の金額についての話し合いは被害者が不利な状況に追い込まれます。慰謝料は交渉の方法次第で金額が変動するため、弁護士などを代理人に立てるなどして交渉を有利に進めることが重要になります。示談について解説すると、交通事故の当事者が話し合って裁判所を介さずに解決する方法のことを指します。示談には法的な効力があるため、合意が成立したことを証明するために示談書を作ることが必要になります。また、慰謝料は交通事故で負った怪我の精神的な苦痛をお金に換算したもののことを指します。

慰謝料を割り出す基準についての解説

慰謝料には、目的によって幾つかの基準が用意されています。自賠責保険基準は、慰謝料を割り出すための基準の一つです。交通事故による被害者を国が広く救済することが目的の基準なので、慰謝料は別の基準より少なくなります。任意保険基準も、慰謝料を割り出す基準の一つで、自賠責保険で補いきれない損害を補填するための基準なので、自賠責保険基準よりは高くなります。弁護士基準も、慰謝料を割り出す基準の一つで、過去の判例に基いている基準なので、別の基準より慰謝料が高くなります。被害者の、ほとんどは慰謝料についての知識がないため、どの基準で慰謝料が割り出されているか分かりません。慰謝料を高くすることができる可能性があったとしても、知らずに安い慰謝料で了承してしまうと損害に相応しい慰謝料を得ることができないことになります。

頬骨削り、エラ削り、中顔面短縮、アゴ短縮など、正面だけでなく横顔や斜めからも小顔にする美容外科手術。 営業時間は10:00~19:00です。 人中が目立つのが気になるというお悩みをお持ちの方に鼻下長短縮術をご案内いたします。 各種手術や処置内容によって料金は変わってきます。 機能性と美しさを求めた顔の骨格形成で、正しくバランスのとれた顔面骨格と調和のとれた歯列の矯正を。 銀座にある美容外科【マックスファクス銀座クリニック】